教育者が知っておくべき世界で求められる技能とその現状

学び
スポンサーリンク
学び人
学び人

義務教育修了段階における15歳を対象に、世界の国と地域で行われるPISA調査をご存知でしょうか?

2019年12月3日、国際的な学習到達度調査PISAの結果が発表されました。

この記事では学習到達度調査PISAについてわかりやすく説明します。

教育者が知るべき、日本の教育の現状を反映する今回の結果を見ていきましょう。

国際学習到達度調査PISAについて

PISAとはOECD(経済協力開発機構)が2000年から3年ごとに15歳(高校一年生)を対象に実施している国際調査です。

2015年以降はコンピュータを利用して実施されています。

PISA調査において調べられる調査分野は以下の三技能です。

  • 読解力
  • 数学的リテラシー
  • 科学的リテラシー

各分野ごとに習熟度に最低レベル1から最高レベル6と細分化した段階を設け評価されます。

最も改善点が必要と判断される「読解力」を重点的に三技能の現状を紹介します。

日本の教育の課題「読解力」

読解力調査では、三つの読解プロセスとその全体を評価します。

調査の結果、上の3つのプロセスにおいて「理解する」部分は平均得点が安定的に高く、「情報を探し出す」と「評価し熟考する」の正答率が低いことがわかりました。

萩生田文部科学大臣は調査結果に対し、

学習指導要領の検討過程において指摘された、判断の根拠や理由を明確にしながら自分の考えを述べることなどについて、引き続き、課題が見られる

OECD生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)[萩生田文部科学大臣コメント] 

と述べています。

従来の教科書を理解することに特化した日本の教育が今回の調査結果に反映されたと言えるでしょう。

読解力まとめ

インターネットを含む文献からの情報収集能力

及び得た情報の評価と内容に対する熟考の姿勢

を学生に求めていく教育が求められている。

世界トップレベルを維持する「数学的リテラシー」

OECD加盟国の中では順位の範囲が1〜3位※とトップレベルの結果となりました。

しかしながら北京、シンガポール、マカオ、台湾などより低い平均得点なのが現状です。

OECD加盟国内の順位に満足することなく、世界トップを目指していく教育が求められます。

数学同様日本の強みである「科学的リテラシー」

ノーベル賞の話題が出るたび、昨今の科学的な教育はいかがなものかという話をよく耳にします。

OECD加盟国中では1〜3位※という結果となりました。

こちらも世界的にみて、現状は世界的にみてトップレベルを維持しています。

数学的リテラシー同様、OECD非加盟の地域を含めた世界トップを目指す教育の改善が求められます。

※ 標本調査のため一定の幅をもった平均得点を考える必要がある

日本の課題、「ICT活用」

PISAでは能力調査のほかに生活状況などの調査も行われます。

インターネット利用に関してチャットやゲーム、ニュースを見る生徒は多く存在しましたが、宿題でコンピュータを用いたり、関連資料の検索でインターネットを利用している生徒は少ないことがわかりました。

インターネット利用時間が4時間を超えると三技能の平均得点が低下するという結果が出ています

娯楽のみにインターネットを用いるのでなく、学習の場面においても積極的に利用を促していく必要があると考えます。

今後の一人一台PCの整備などに合わせ、授業及び家庭学習のスタイルの変化が求められるでしょう。

ICT活用まとめ

インターネットを学習に用いる生徒が少ないことが今回の調査でわかった。

今後のICT環境整備に対しての不安要素も調査によりあらわれた。

効率的な活用方法の模索が求められる。

まとめ

本記事では学習到達度調査PISAについてまとめ、現在の日本の生徒の能力に対する今後の目標などを紹介しました。

これらは生徒だけでなく、社会人にも求められる能力であると私は思います。

特に読解力に関しては、義務教育を終えた我々がどのようにその力を伸ばしていくか。

というのもまた新たなテーマとなるかもしれません。

参考文献

国立教育政策研究所https://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/index.html

タイトルとURLをコピーしました