[2019] 歴代「今年の人」パーソン・オブ・ザ・イヤーを振り返る

学び
スポンサーリンク

2019年パーソン・オブ・ザ・イヤーが決定

アメリカのニュース雑誌「タイム」が年に一度発表するパーソン・オブ・ザ・イヤー。

その年で最も活躍をしたり話題となった人物を決定する恒例行事であり、2019年のパーソン・オブ・ザ・イヤーが12月11日に発表された。

2019年の受賞者

今年度の受賞者はスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリGreta Thunbergさん(16)に決定した。

彼女は15歳のときに「気候のための学校ストライキ」と書いた看板をスウェーデン議会の外で掲げる活動を始め、次第に多くの賛同者を集め世界的な環境活動家として知られるようになった。

2010年以降の受賞者を振り返る

2010年

マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)

View this post on Instagram

This week at F8. Bye bye, drone!

A post shared by Mark Zuckerberg (@zuck) on

Facebookの創設者

2011年

The Protester(抗議する人)

チュニジアの反政府デモから始まり中東・北アフリカ諸国へと広がっていったアラブの春

前年受賞者マーク・ザッカーバーグ氏のFacebookなど様々なSNSを用いて人々が集い、新たな形での民主化運動が広がった。

アラブの春を始めとする世界各地の抗議活動者が2011年のパーソン・オブ・ザ・イヤーとなった。

2012年

バラク・オバマ(Barack Obama)

第44代アメリカ合衆国大統領

実はバラク・オバマ氏2008年にもパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。

2008年はオバマ氏の大統領選挙初勝利のタイミング「Yes, we can!」の年である

2012年は大統領再選のタイミングである。

2013年

フランシスコ[ローマ教皇]

ベネディクト16世が同年に辞任をしたことにより行われた投票により新教皇に選出された。

史上初のアメリカ大陸出身の教皇である。

2014年

エボラ出血熱と戦う人たち(Ebola fighters)

2014年西アフリカにおいて多数存在する病原体の中でも毒性や感染性が最強クラスと分類されるクラス4のエボラ出血熱が大流行した。

感染者・死亡者数ともに過去最大となり、その終息に向けて取り組んだ医療従事者および感染からの生存者が選ばれた。

2015年

アンゲラ・メルケル

ドイツ連邦共和国首相。初の女性首相である。

2005年から長期にわたり首相として欧州最大の経済大国ドイツを率いる。

2015年には批判を受けながらも、シリアなどからの100万人規模の難民受け入れを発表したことが大きな話題となった。

2016年

ドナルド・トランプ(Donald Trump)

View this post on Instagram

Conan, America's Hero Dog!

A post shared by President Donald J. Trump (@realdonaldtrump) on

不動産王として知られていたトランプ氏は2016年大統領選に立候補。

メキシコ人に対する発言など、物議を醸しながらも有力候補ヒラリー・クリントン氏を抑え勝利。

第45代アメリカ合衆国大統領となった。

2017年

沈黙を破った人たち(The Silence Breakers)

性的な嫌がらせ・加害行動に対し沈黙を破って発言した人たちをたたえる年となった。

ハッシュタグ#MeTooがSNSにより拡散したことで抗議活動が急速に広がっていった。

著名人の中には裁判により勝訴したテイラー・スウィフトも含まれる。

2018年

監視者(The Guardians)

サウジアラビアで殺害されたジャマル・カショギ氏をはじめとして、真実を追求したがために標的となったジャーナリストに対し贈られた。

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman)皇太子に対し、批判的な記事を執筆していたカショギ氏は10月、トルコ・イスタンブールにあるサウジ総領事館内で殺害された

米中央情報局(CIA)は調査により、殺害はサルマン皇太子の指示によるものと断定。しかし、トランプ大統領は11月20日、CIAの結果に疑問を呈し、カショギ氏殺害に関する捜査の結果に関わらず、同盟関係を堅持する意向を表明した。

https://www.mashupreporter.com/time-person-of-the-year-2018-the-guardians/

まとめ

毎年1名もしくは行動を起こした人たちに贈られるパーソン・オブ・ザ・イヤー。

2010年のFacebookをはじめとするSNSが後の受賞者たちの情報拡散ツールとなっていることが面白いと感じます。

受賞者とその西暦を見ると、あの年はあんなことがあったな。もうこんなに年数がたったのか。

などの感想を持ったかと思います。

1年を一人の人物に焦点をあて見返すと面白いですね。

2020年は一体世界でどのようなことが起こる1年になるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました