【目標達成のための超重要思考法】PDCAサイクルとは?

学び
スポンサーリンク

ビジネスにおいて「PDCAサイクル」という言葉を見かけた、もしくは聞いたことがあるでしょうか?

仕事ができる人とお話すると「あとはPDCAサイクルを回すだけだ。」なんて具合に、常識のように会話にでてきます。

今回は皆さん各々の目標を達成するため、PDCAサイクルを活用できるよう解説していきます。

PDCAの定義とは

ではまずPDCAの定義を確認しましょう。

PDCA
  1. PLAN(計画)
  2. DO(実行)
  3. CHECK(評価)
  4. ACTION(改善)

これらの頭文字をつなぎ合わせてPDCA

業務における生産性をあげるための手法

PDCAを計画から改善までを1サイクルとして何度も繰り返すことを、「PDCAサイクルを回す」と言います。

1.Plan(計画)

Pは「計画」を意味するプランの頭文字。

目標達成のためには、実行の前に計画を立てることが重要です。

必要な情報・ノウハウ集めをしたあと、最終的な目標に到達するための段階を踏んだ小さな目標設定と実行計画を作成します。

2.Do(実行)

Dは「実行」を意味するDoの頭文字。

一つ前のPlanで作成した実行計画を実際に行っていきます。

この際に重要なのはただ実行するのではなく、その計画が目標達成に有意であったか記録しておくことです。

3.Check(評価)

Cは「評価」を意味するチェックの頭文字。

まずは設定した計画に沿って実行ができたかどうかのチェックを行います。

その上で実行段階においておこなった記録を用い、計画が目標達成のために有効な手段であるかチェックを行いましょう。

4.Action(改善)

Aは「改善」という意味で用いるアクションの頭文字。

Cの段階で自ら設定した計画が有効であるかを確認したら、目標達成をより早期に達成できるよう手法の改善を施しましょう。

改善策を考えたらそれを踏まえ1のPlanに戻ります。

再度計画をたて実行していきましょう。

PDCAサイクルは何でも応用できる考え方

日常生活においてもPDCAサイクルの考え方は利用することができます。

例えばTOEICで目標があるとしたらリーディングとリスニングの2つに目標を細分化して対策を行い、勉強を開始しましょう。

ここまでは普段から無意識にしているのではと思いますが、PDCAで重要なのは実行しながら改善できる点がないかを考えること。

普段特になにも考えずひたすら練習・勉強をしているようならば、今の方法を見つめ直し改善してみましょう。

より目標達成への近道となるはずです。

PDCAまとめ

  1. PLAN(計画)
  2. DO(実行)
  3. CHECK(評価)
  4. ACTION(改善)

この4点をサイクルとして回すことをPDCAサイクルをまわすという。

重要なのは実行しながら計画に疑問をもって改善をしていくこと。

PDCAの考え方を参考に日々の暮らしに役立てていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました